過剰摂取

しじみに含まれるオルニチンの量

貝の中でも小さく、食べ方も味噌汁にするのが一番食べやすいです。
しじみに含まれているオルニチンの量は、100gあたり10g~15g程度と言われています。
100gだと約35個分に相当しますが、この量はちょうど味噌汁のお椀に1杯くらいの量と同じです。

実は、しじみの他にもオルニチンを含む食材があります。
比較的含有量が多いのは、キハダマグロの約7mg、チーズの約8.5mg、えのきだけで14mgと含有量はしじみに比べてかなり下がります。
食材からオルニチンを摂取する場合は、シジミの味噌汁が一番効率が良いという事になります。

オルニチンは肝臓の働きをサポートする効果が期待できる事から、お酒を毎日のように飲む人に良いと言われています。
人は年齢とともに体の機能は低下していきますが、これは内臓も同じです。
肝臓は別名を沈黙の臓器というように、何かのトラブルや病気があっても自覚症状が出ないため、気づきにくいのです。
症状が出た頃にはかなり病気が進行しており、手遅れとなる事も少なくありません。

特に体の中の事は目に見えないため、なにかの症状が出ないと気づけません。
肝臓のように症状が出にくい臓器は、定期的な健康診断が必要です。
それに加えて、肝臓をサポートする成分を積極的に摂取していけば、早期発見・早期治療が可能となります。
病気いなっていなくても安心せず、しじみのオルニチンを摂取して肝臓をいたわる事が大切です。

毎日続けるのが難しい人は、オルニチンのサプリメントがオススメです。
しじみの味噌汁が肝臓に良くても毎日は続けられません。
その点サプリメントなら外出先でも飲めて便利です。

しじみに含まれるオルニチンはサプリメントで摂取するのが便利です。
飲むタイミングは自由ですが、寝ている間は成長ホルモンの分泌が盛んになるため、体の修復力が高まります。
より効果的に取り入れるには寝る前に飲むのがオススメです。
飲み方を工夫して更に効果を引き上げていくことをお勧めします。