過剰摂取

しじみとセサミンを摂取

しじみとセサミンはどちらも二日酔い予防や対策に役立ちます。
厳密には、しじみに含まれるオルニチンが肝臓の働きをサポートします。
セサミンは胡麻に含まれる成分で、肝臓を強化する働きがあります。
どちらもお酒を飲む人には欠かせない働きです。

しじみとセサミン、これは両方とも体に良いと言われている成分や食材です。
シジミに含まれるオルニチン、セサミンは胡麻に含まれる成分ですから、ここではオルニチンとセサミンで話をし、オルニチンとセサミンを効率よく摂取する方法を紹介します。

オルニチンを摂取する事により、肝機能をサポートする事ができます。
お酒を飲む人は飲まない人に比べて、肝臓を酷使します。
肝臓には高い再生力があるため、肝機能が正常なら多少酷使しても回復できますが、オルニチンには肝臓のダメージを修復する作用もあるので、肝臓をいたわる事ができます。
食材から摂る場合はしじみに多く含まれるので、エキスを丸ごと飲める味噌汁が良いと言われているのです。

胡麻に含まれるセサミンにも肝機能をサポートする作用があります。
オルニチンと比べると若干サポート力は落ちますが、胡麻には高い抗酸化作用があるから、セサミンの持つ抗酸化作用が、肝機能を高める事もできるのです。

肝臓の機能が低下するのはお酒だけとは限りません。
加齢も肝機能低下の原因になりますが、胡麻に含まれるセサミンにはアンチエイジング作用があります。
つまりオルニチンで肝臓のダメージを修復したら、セサミンもそれを助け、更には老化を予防する効果も期待できるのです。

胡麻の1粒、しじみ1個はどちらも小さく、一度にたくさん食べるのが難しい食材です。
しかし肝機能をサポートするには、毎日の継続摂取が必要ですから、食事だけで補うのが難しいところです。
こういう時はサプリメントで摂取すると手軽で便利です。
肝臓を酷使しがちな人はサプリメントも考えてみましょう。
肝臓のケアも出来るので、この成分に注目して健康を保ちましょう。