過剰摂取

しじみのサプリメント

シジミは食材の中で最もオルニチンの含有量が高いため、二日酔い防止にしじみの味噌汁を飲むと良いと言われています。
確かにエキスも丸ごと飲める味噌汁は理にかなっていますが、オルニチンは毎日消費されているので、食事で補う場合は毎日続けなければいけません。

1日に必要とされるオルニチンの量は、400mg~1000mgだと言われています。
オルニチンが豊富だと言われるしじみの味噌汁1杯では、摂取できても10mg~15mg前後です。
これでは量が足りていません。

しじみで1日に必要な400mgをクリアするには、最低でも1500個は必要です。
400mg~1000mgと幅があるのは、肝臓を酷使する人ほど多くのオルニチンが必要だからです。
1000mgをクリアするには、3000個以上のしじみを毎日食べなければいけません。

でもサプリメントなら1粒~数粒で、1日に必要な量をクリアできますから、しじみを大量に食べずに済みます。
水かぬるま湯で飲むだけだし、好きなタイミングで飲めるから続けやすいのもメリットです。

肝臓の機能はお酒を飲まない人でも年齢によって徐々に低下していきます。
このため中高年の人にはしじみのサプリメントはとても人気があります。
効果を実感するまでには個人差もありますが、比較的早い段階で効果を実感しやすいのも人気の理由です。

主成分はオルニチンですが、他の必須アミノ酸や亜鉛、セサミンなど肝機能をサポートする作用のある成分をプラス配合している物が多いから、一度に必要な栄養や成分を補えます。
ただしサプリメントは栄養補助食品ですから、メインは食事で、足りない分をサプリメントで補うのが理想です。

しじみのサプリメントを飲んでいるからと安心してしまい、暴飲暴食をすればサプリメントの意味はなくなってしまいます。
サポートとして取り入れますが、不規則な生活や食事も改善する事が大切です。
体にいいサプリメントを取り入れるなら、体に良い習慣もつけていきましょう。