過剰摂取

睡眠の質向上にしじみ

しじみは肝臓の機能をサポートするオルニチンが豊富に含まれている事でもよく知られていますが、実は見かけによらず豊富な栄養も含まれているのです。
オルニチンはアミノ酸の一種ですが、睡眠にも大きく関係しています。

しじみには豊富なオルニチンが含まれていますが、オルニチンはアミノ酸の一種です。
アミノ酸は人が生きる上でも欠かせない大切な成分の一つであり、毎日消費されるので継続摂取が必要です。
またアミノ酸にも種類があり、必須アミノ酸は体内で生成できないため、食事やサプリメントで補う事が大切です。

しじみには豊富なオルニチンが含まれており、オルニチンもアミノ酸の一種です。
肝臓の機能をサポートしたり、ダメージを修復したりする作用があります。
しじみには他にも豊富な栄養が含まれていますが、アミノ酸バランスが優れているからアミノ酸を摂取したいときにもおすすめの食材です。

夜眠っている間は成長ホルモンの分泌が盛んになるので、寝るだけで体のダメージを修復できます。
他にも睡眠をとる事で体が休息できますから、疲労回復効果も期待できます。
成長ホルモンを沢山分泌させれば、その分回復力も高まりますが、ストレスや疲労がたまっていると睡眠の質が低下してしまいます。

成長ホルモンは質の良い睡眠も条件ですから、睡眠の質が悪いと肝機能にも影響が出てきます。
そこで活用したいのがしじみのオルニチンです。
オルニチンには成長ホルモンの分泌を促進させる作用があります。
ストレスを軽減させる工夫も必要ですが、睡眠中に成長ホルモンの分泌が促進されれば疲労回復効果もアップします。

しじみに含まれるオルニチンの摂取は夜寝る前がオススメです。
ただしオルニチンだけでは不十分ですから、生活習慣の改善や食事の見直し、睡眠に入りやすい環境作りも工夫してください。
睡眠の質が向上すれば、体も肝臓も元気を取り戻せます。
ポイントは根気よく続けていく事が重要なので、継続を重視しましょう。