過剰摂取

しじみで疲労回復

しじみに含まれるオルニチンは、肝臓の機能をサポートする作用があります。
肝臓はお酒を飲んだ時にアルコールを分解する臓器というイメージが強いのですが、肝臓が対応しているのはアルコールだけではありません。
加工食品に含まれる添加物、薬を飲んだ時も肝臓が成分を分解して、体の害になる物を排出します。

特にお酒を飲まなくても、暴食をすれば胃だけでなく肝臓にも負担をかけますし、年齢とともに肝臓の機能は低下しますから、どこかで限界が来ます。
肝臓には自己再生機能があるので、ある程度までは自然に回復しますが、やはり何もせず負担をかけ続ければ肝臓の機能は低下していきます。

機能が低下した肝臓は毒素の分解と排出ができなくなり、次第に体に毒素が溜まっていきます。
つまり肝臓の疲れが結果的に、全身の疲れや倦怠感という症状につながるのです。

これを解消するには肝臓の機能を高め、毒素を体の外に排出させるのが一番です。
暴飲暴食は肝臓に良い事はひとつもありませんし、体にも負担をかけるのでやめておきましょう。
肝臓の機能を回復させるのにしじみのオルニチンは役立ちますが、体が疲れている時は体を休める事も大切です。

十分な睡眠、ストレスの軽減は必要があります。
立ったり体を起こしたりしているよりは、横になるだけでも体が休息できます。
食べてすぐに横になるのは良くないと言われていますが、この場合は別なのです。
体を起こしていると血液が肝臓に届きにくいので、体を横にして肝臓に多くの血液が行き届くようにしましょう。
こうするだけでも、肝臓のサポートができ、負担を軽減できます。

しじみのオルニチンは、肝臓の機能をサポートする以外にも、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。
寝る少し前にオルニチンを摂取すれば、寝ている間に成長ホルモンの分泌が盛んになり、疲労回復効果を高める事ができます。
寝る前は食事よりもサプリメントで摂取するのがおすすめなのです。