過剰摂取

インスタントのしじみの味噌汁でも効果は同じ?

しじみの味噌汁なら、貝の表面をよく洗い、砂出しをしておけば後はゆっくりダシを取って味噌を入れるだけだから、料理が苦手な人でも調理しやすいです。
しかし味噌汁椀1杯のオルニチン量は多くて15mg程度です。
1日に必要とされる量にははるかに及びません。

最近はスーパーやコンビニでもお湯を注ぐだけのインスタント味噌汁が人気となっています。
種類も増えていますが、その中にしじみの味噌汁もあります。
ダシを取る手間もかからず、カップやお椀にいれてお湯を注ぐだけだからとても簡単ですし、パッケージを見るとしじみ何個分と表示されているものもあります。

家庭で作る場合味噌汁椀1杯のしじみは、約35個程度です。
ところがインスタント味噌汁には、1杯でしじみ70個分と約2倍の量が含まれると書いてある、ものがあります。
メーカーにより違いはありますが、自分で作るよりも、インスタント味噌汁を買って飲んだほうがより多くのオルニチンを摂取できる事になります。

またメーカーによっては、発酵させたオルニチンを配合しているものもあり、この場合はしじみ200個分に相当すると書いてあります。
発酵オルニチンならその量も約88mgとなっているから、自分で作るよりもはるかに効率よく摂取できるという事です。

ただしインスタント味噌汁はメーカーによって味が異なります。
好みの味ならインスタント味噌汁で代用してもいいのですが、オルニチンを豊富に含んでいても美味しいと思えなければ続けられません。

インスタント味噌汁以外にもオルニチンを含むスープなど、種類も増えていますがインスタントだと味が決まってしまいます。

ここは個人差もありますが、あくまでも手軽にオルニチンを摂取するためのサプリメント代わりと考えるか、しじみの量は少なくても手作りをして美味しく食べるかのどちらかでしょう。
忙しい時にインスタント味噌汁を使うのもいいですし、ここはいろいろ工夫して使い分けるのが良さそうです。