過剰摂取

国内のしじみの産地

しじみの産地は国内だけでも数箇所ありますが、その代表的な産地を紹介します。
しじみが生息するのは、汽水湖と河口域になりますので、湖や川の河口、沼などに限定されます。
特に多いのが汽水湖で、国内の約80%が汽水湖でとれたしじみです。

しじみが漁れるのはほぼ日本全域ですが、その中から代表的な産地を紹介します。

北海道は網走湖、パンケ沼、天塩川、石狩川です。
東北では青森の十三湖、高瀬川、小川原湖、岩手から宮城にかけて流れている北上川、秋田の八郎湖が有名です。
新潟では阿賀野川でもしじみが漁れます。

茨城は個沼湖、那珂川、利根川や江戸川、中川で漁られています。
長野では諏訪湖、滋賀では琵琶湖も有名産地です。
愛知では木曽三川や豊川、島根の宍道湖もゆうめいな産地となっています。
四国では四万十川や仁淀川、吉野川など名の知れた川の河口付近で漁れます。

しじみは本来、無主物とされており、誰の物でもないとされてきました。
しかしこうなると早い者勝ちとなるため、乱獲され問題となりました。
そこで現在では、しじみを漁る権利として、漁業協同組合に漁業権を与えています。
漁業権があるからといって乱獲をしてもいいというわけではなく、しじみを資源として守り育てていく義務も与えています。

海で漁をする漁師は、魚が移動するため漁場も移動します。
しかししじみは常に同じところに生息しているから、漁獲量は比較的安定しています。
小型の船で簡単な道具があれば、1人でも漁が可能です。
魚の場合は鮮度を保つため水槽に入れ生きたまま輸送する事も多いのですが、しじみの場合は水がなくても輸送可能です。

しじみ漁は比較的簡単に始められるのが特徴です。
漁場も岸からそれほど離れていませんし、常に同じ場所で漁をするから安定しています。
ただし安定しているのは、漁業組合が環境改善や環境保護をしているからだという事は忘れてはいけません。
このように沢山の過程を通じて私達の所へと渡っています。