過剰摂取

しじみと二日酔い対策の関係

お酒を飲みすぎて二日酔いになった日は朝から頭痛や吐き気で、最悪な気分で1日が始まります。
もう飲むまいと決めても、夜になればまたお酒を飲んでしまう人も多いことでしょう。
こういう時はしじみを食べれば、二日酔い対策になります。

お酒に含まれるアルコールは肝臓で分解され、不要なアセトアルデヒドは体外に排出されます。
肝臓は自己再生能力が高いため、沢山お酒を飲む人でもきちんとサポートしていればなんとかなるものです。
この場合週に2日ほど、1滴もお酒を飲まない休肝日を作るのがオススメです。

しかしお酒が好きな人は飲まずにいられないため、ついつい毎日お酒を飲んでしまうのです。
肝臓も酷使し続ければダメージが大きくなっていくので、やがて機能が低下し始めます。
機能の低下はお酒以外にも加齢による老化もありますから、いつまでも自分はお酒に強いとは言っていられなくなります。

肝機能が低下すると、分解した不要なアセトアルデヒドが上手く排出できなくなり、体内に残ってしまいます。
これが頭痛や吐き気といった二日酔いの症状の原因です。

こうなりたくないなら、休肝日を設けるのが一番ですが、無理な場合はオルニチンを摂取してください。
しじみには豊富なオルニチンが含まれていますので、しじみを食べるだけでも肝機能をサポートして、アセトアルデヒドの排出を促し二日酔い予防ができます。

しじみにはオルニチン以外にも肝臓に良いと言われるタウリンも含まれています。
タウリンには肝臓を強くする作用があるから、お酒が好きな人にもピッタリです。

お酒をよく飲む人は肝臓を酷使しがちですが、自己再生力が高い肝臓は、何もしなくても自然に回復していきます。
しかし小さいダメージが残っているとそれが蓄積され、やがて肝臓の機能を大きく低下させてしまいます。
しじみは肝臓の機能をサポートする成分が豊富に含まれるから、二日酔い対策に役立ちます。
二日酔いが発生した時には是非活用して、悩みから解放されましょう。