過剰摂取

しじみとATP

オルニチンは肝臓の働きをサポートする成分です。
食材にもオルニチンを含む物がありますが、その量はごくわずかです。
食材では唯一しじみだけが、オルニチンの含有量がたかく、エキスを丸ごと飲める味噌汁にするのが一般的です。

オルニチンは肝臓の機能をサポートする働きがあります。
肝臓は体の毒素を分解するフィルターの役目を持つ臓器です。
肝臓が丈夫なら健やかな毎日を過ごせますし、お酒も楽しめます。
健やかで活動的に過ごすにはエネルギーが必要です。

1日3回きちんと食べていればエネルギーは補えます。
このエネルギーをATPと言いますが、エネルギー源となるATPを生産するにはアンモニアが邪魔になります。
体内でアンモニアが発生しても、肝臓がそれを分解し除去してくれますが、肝臓の機能が低下してしまうとアンモニアなどの毒素を分解する機能も低下します。

アンモニアが増えればATPも生成できなくなりますし、体に毒素が回れば別の問題も出てきます。
つまり肝臓の働きは、毎日の食生活や加齢によっても大きく左右されてしまうのです。

肝臓の機能をサポートするしじみのオルニチンを積極的に摂取すれば、自然とATPも増え活動的な毎日を過ごせるようになります。
オルニチンを摂取すると肝臓の機能を維持し、肝臓のオルニチンサイクルを活性化させます。
オルニチンサイクルが活性化すれば、ATPサイクルも活性化するから、エネルギー不足になる心配もありません。

もちろんオルニチンだけを摂取していれば良いというわけではありませんので、タンパク質やアミノ酸など全体の栄養バランスを考えた食事を心がけてください。

肝臓の機能が低下するのはお酒だけが原因とは限りません。
お酒を1滴も飲まない人でも、年齢とともに肝臓をはじめとする臓器の機能は低下していきます。
加齢による衰えも肝臓には影響を与えますから、しじみを上手に取り入れて、肝臓の健康を意識した生活を心がけましょう。